2018年2月12日 (月)

ナガノ・チェンバー・オーケストラ

ナガノ・チェンバー・オーケストラ公演が開催され、ベートーヴェンチクルスとして今回は下記のプログラムを演奏しました。

久石譲がプロデュースする、長野市芸術館でしか聴けないドリーム・オーケストラ
「ナガノ・チェンバー・オーケストラ第6回定期演奏会」
常識を打ち破る!! 久石譲のロック・ザ・ベートーヴェン

アルヴォ・ペルト: カントゥス~ベンジャミン・ブリテンの追悼に (1976)
ベートーヴェン: 交響曲第8番 ヘ長調 作品93
ベートーヴェン: 交響曲第7番 イ長調 作品92


芸術監督・指揮者:久石 譲
コンサートマスター:近藤 薫 (東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター)
メンバー:国内主要オーケストラ首席メンバーを中心としたトップ奏者たち 


180212_nco_6


東フィルのコンサートマスター近藤薫くんとともに、在京のオーケストラから、海外のオーケストラまでの首席陣を集めたメンバーで集まっていて、欲しいサウンドが常に響き渡り、素晴らしいオーケストラになっています。
 今回、木管のメンバーも今回はやっとオリジナルメンバーで演奏会ができました。(フルート荒川、オーボエ荒さん、クラリネット亀井さん、ファゴット福士さん、ホルン福川さん)

 始まる前はロビーコンサートで木管五重奏を演奏。イベールの1楽章と、久石譲んさんの「君をのせて」と「となりののトトロ」。リハも久石譲さん本人が横で聞いているので、普通には演奏できません。笑。本番もより拡張高いトトロになって、よかったです。
というのも、今回先行発売で、ナガノチェンバーオーケストラのCD第2弾が発売され、その販売促進で木管五重奏のメンバーも久石さんと一緒にサイン会に参加しました。
長蛇の列で長い間待っててくれたお客さんにも本当に感謝です。

この団体もどんどん成長を遂げている感じがします。約半年に1回のペースで開催されますが、僕たちもより良い音楽を長野市民を中心としたお客さんに届けられるよう、また次回に向けてしっかりと研鑽を積んでいきたいと思います。

まだいらっしゃってない方も、次回は7月16日。ベートーヴェンの第九と他久石譲さんの曲2曲を演奏します。是非ご来場ください。


Img_3077



コメント