未分類

Macのマウスはやっぱり有線

投稿日:

自宅はWindowsですが、外出先ではMacわわ使っています。

統一すれば良いのにとも思うのですが、微妙に使えるソフトがそれぞれ違い、メリットもあるので、ラスクマネージメントを考えると手放せない選択になっています。

例えば、プロジェクト管理で使っているEvernoteなどは、それぞれの環境用にソフトウェアが提供されているのですが、何故か微妙に仕様が違います。Windowsのソフトの方は、色分けと右クリックでスタックの上から直接その下の階層に新規ノート作成ができます。しかしMac版ではそれができません。逆にWindows版の方のPDFの添付ファイル表示が出来ないのですが、Mac版では出来ます。

その他経理ソフトや年賀状ソフトはWindows。MacはiPhoneとの連携での画像管理やメールチェック等のプロジェクト編集等、それぞれメリットがあります。

Windowsデスクトップでは最速のM.2を今年搭載したので、特にAdobeの編集に関してはとても早く、自宅での作業が本当に捗ります。しかし、楽譜作成ソフト関連はWindowsではショートカットが豊富にもかかわらず、手入力や出力、pdfの扱い面ではMacの方が編集しやすく、コマンドもMacの方の動きに慣れてしまっています。

と言った訳で、外出先ではMacで細かな作業、自宅でWindowsで大きな作業という感じで振り分けていますが、ここでいつも困るのが、マウス。

Macは大きなタッチパットがあるから不要と思いますが、Windows機も作業で使っている分マウスの方が快適に使用できる気がします。ところが、大方のマウスではカクツキや遅延が起き、僕の設定が悪いのかやはり遅延が気になってしまいます。

負荷がかかるソフトなら尚更で、たまに使い物にならなくなる時があるので、とうとう業を煮やし、有線マウスを買いました。

Macは全てのUSBがtype-Cのため、type-CのUSB使用のマウスを探すのは意外一苦労でしたが、見つけました。

一差しで認識完了。動作も遅延とは無縁の安定連携。原点回帰のような気分です。

ソフトウェアもアップデートされており、機能割り当てにも対応しています。このほかにも巻き取りケーブルのタイプのマウスもありまして、収納にはそちらのほうが良いかなと思うことがありましたが、そちらは、左の追加ボタンがないものでしたので見送りました。

ご参考に。

-未分類

Copyright© Hiroshi Arakawa website , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.