ブログ

第九リハ

投稿日:

第九リハも終わり、明日からみなとみらい公演から始まります。

良い演奏会になるよう、最後の新日フィルの第九を演奏したいのですが、いろいろコンセプトの違いに演奏が徐々にこなれていく事を期待しつつ。

和声の響きを追う事と、習慣との戦いが繰り広げられてしまうのは、指揮者の意向が至ってトラディショナルだからかもしれません。

人は成長するものであり、良い響きを追い求めることは変わりません。

どこに響きの焦点をあてるか。それは間違いなく和声とストーリーです。

いる音いらない音、取捨選択するのは自分自身であり、全員でもあり、その作業でやっと作者の意図に近づけます。

オーケストラは本当に共同作業なので、みんなでどれだけ力を合わせられるか。

-ブログ

Copyright© Hiroshi Arakawa website , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.