未分類

マスクが届く

投稿日:

安倍首相からマスクが届きました。

とりあえず音楽家というカテゴリーの人間から、このマスクが届いたことについて、「届くんだ」という感想。

 まずはありがとうございます。という言葉と、肯定的に見用とする自分に対して400億円は1枚の単価が130円くらいになっているこの現実。ユニチャームなどになぜ発注しなかったのか。原価20円でできるはずというところ。

すでに親戚からも、大量の使い捨てマスク、手作りマスク(Youtubeで手作りマスクの動画を配信したら親戚が大量に送ってくれました。ありがとう!)、とにかく家にマスクとトイレットペーパーが大量に送ってきていただき、ストックは十分にあるので、このマスクを眺めながら素直に封を開けられないで眺めています。

 多分引き出しにしまっておくと思いますが、繰り返し使えし使えるマスクですし、マスクの性能自体は良いものだと思いますし、今の政権に関して、僕の立場でウェブで色々いう立場ではないので。今までも今後も、選挙以外では意思表明はしないと思います。音楽家は音楽の発信をすべき、ブログは日常を書きます。Youtubeで自分の音楽を発信します。Twitterはその宣伝をします。Radiotalkでは、現在思っている生活の過程のことを話します。

マスクを見ていて、素直、安全、救い、ミスリード、邪心、思惑、困惑。希望、真実そんなものが複雑に見ていて感じます。

 このマスクについて、しっかりとした意見を語る参考になる人は、Webにいますので、その人の話や様々な情報を得る事でこれらの疑念は集約されていきます。そして、それらを語る事は僕の仕事ではありません。さほど影響力のない音楽家が公のブログで政治の話をする事こそ愚かな事はないと思っています。

 音楽家の僕は、より良い音楽を作る事。演奏する事。人の役に立つ事。僕はそちらを推し進めていきたい。それが僕の仕事です。

 マスクを見ながら、そんな事を思う僕でした。

-未分類

Copyright© Hiroshi Arakawa website , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.