profile

Hiroshi Arakawa |荒川洋

フランス・パリ国立高等音楽院フルート科を一等賞で卒業。第14回日本管打楽器コンクール入賞。帰国後、小澤征爾に認められ、新日本フィルハーモニー交響楽団フルート副首席奏者に就任。CD「フレンチ・コンポーザーズ」(レコード芸術2009年3月号特選盤)、「フルート名曲31選」を発売し、共に村松楽器トップセールとしてベストセラーを飾っている。これまで、ヴェネツィア室内合奏団、カメラータ・ド・ローザンヌ、新日本フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。ジャズミュージシャンのリー・リトナー (gt)、デイヴ・グルー シン(pf)、エイブラハム・ラボリエル、ウィル・ケネディ(dr)等とも共演。

故・林光氏とCD「花のうた~荒川洋・林光フルート作品集」、作品「裸の島(フルートとピアノのための)」「二羽の鳥、飛びながら話している」等、作品・公演に多くに関わり、東京文化会館小ホールでのリサイタルをはじめ、数多くのコンサートに関わってきた。2012年の軽井沢大賀ホールでのデュオ・リサイタルは、林光氏の最後のコンサートとなった。

ほかにも北爪道夫、加古隆、羽毛田丈史、宮川彬良、光田健一の作品にも関わり、特に、久石譲との交流も深く、プロジェクト(W.D.O(ワールド・ドリーム・オーケストラ)、Music Futurs、ナガノ・チェンバー・オーケストラ(首席フルート奏者)メンバーとして活動。

作曲活動も精力的に行い、2011年クラリネット作品コンクールにて、自作品「クラリネットソナタ~モンマルトルの丘~(作品66)」が第三位に入賞。

作品CDフルートとしては、「インストゥルメンタル・カラーズ~荒川洋フルート作品集(2008」「~戸定邸アンサンブル(2016)」を発売。

楽譜はブレーン株式会社より楽譜「メセナの丘で」「Insrtumental Colors I&II」、「フルートトリオ第1番&第2番」を出版。

その他、バレエ音楽「ダフニスとクロエ(2012)」、オペラ「二人のハルニレ(2016)」、他フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットのためのソナタ、フルート協奏曲、フルートとピアノ、ギター、ハープのための作品、大小の室内アンサンブル曲、語りと音楽、合唱曲等、現在120曲を発表している。

2017年には、自社レーベルとして「株式会社サウンドテラス」を設立。「MIDORIジュニアアカデミー(群馬県みどり市)」バトン・パス・コンサート(新宿)」等の文化プロジェクト、自社レーベルとしてCD「1867戸定邸アンサンブル(2016)~」、「フルート名曲31選(2017)」を発売。

コンサートイマジン所属アーティスト。Quartet Esperanto(カルテット・エスペラント)、Poklis(ポクリス)、東京パリアンサンブルメンバー。沖縄県立芸術大学講師。洗足学園大学講師。株式会社サウンドテラス代表取締役。

映画では、宮崎駿映画「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」(久石譲作曲)。最後の忠臣蔵、太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-(加古隆作曲)。大王製紙CM「elis」、サントリーCM「伊右衛門」(久石譲作曲)。ドラマ「植物図鑑」「ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜」「獣医ドリトル」「明日、ママがいない」(羽毛田丈史作曲)。他多数収録参加。

2018年10月芸能人格付けチェックでフルート奏者として出演。

2019年5月 第41回日本フルートフェスティバル in 名古屋(愛知県芸術劇場コンサートホール)委嘱・初演作品「Flute Orchestra Suite 〜心の小径〜」I.蓬莱(ほうらい)島への旅路〜心の小径〜 II.母礼の傍に III.五座の大神 IV.阿弖流為の恋

2019年6月26日 室内楽シリーズ XV ~楽団員プロデューサー編~ #125 「荒川 洋・作品集~バレエ、オペラの世界~」Produced by 荒川 洋にて、 自作曲である、バレエ音楽『ダフニスとクロエ』(完全版) 、管弦劇”天の赦すところ”より「宇和島序曲」(室内楽版) 、歌劇『1867~幻の将軍~』より(抜粋版) を、ビルマン聡平、吉鶴洋一、弘田 徹、佐藤勝重、大山大輔、三輪亜希子と共演。

投稿日:

Copyright© Hiroshi Arakawa website , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.